専門クリニックでいぼ治療を受けよう【首周りに出来やすい】

クリニックでいぼを取ろう

看護師

首周りに出来やすい目立ついぼを治療する方法として、皮膚科など医療機関では液体窒素を利用した冷凍凝固法や、炭酸ガスレーザーによる施術が利用されています。希望に合わせて治療方法を選ぶことが出来る点が大きなメリットです。

クリニックで悩みを除去

医者

安心した気持ちでいぼを除去

年を重ねるといつの間にか、しわやたるみ、シミが出てきます。しかし、その他にもいぼができることもあるでしょう。いぼは、顔や首などにできるのですが、見た目も良くないため取りたいと思う人は少なくありません。しかし、いぼはほくろと同じで自分で取るのはいけないので、美容整形外科で取るといいでしょう。美容整形外科では、患者の状況や希望に合わせた治療を提案してくれて、安全な治療を進めてくれますよ。また、治療前にはカウンセリングといって治療をする上で必要なことをしっかりと話してくれます。もちろん、受ける側の悩みも聞いてくれるので、不安な気持ちのまま治療を受けることはないでしょう。そして、気になる治療内容ですが、主にレーザーや電気メス、切開縫合、液体窒素などがあげられます。どれも傷口は小さく、痛みも最小限にしてくれるので心配はいりません。ただ、いぼの大きさなどにより状況は異なるので、カウンセリングのときにでも確認しておくといいでしょう。そして、この治療方法についての特徴ですが、もちろんそれぞれ異なります。電気メスやレーザーに関しては、治療時間も数分と短時間で済み、切開をしないため抜糸もいらず傷口もほとんど気になりません。ただ、注意点としてこの治療法が可能なのは、5ミリ以下の小さないぼであるということです。大きなものには有効的でないので、気をつけてください。次に、切開縫合の特徴は、レーザーなどで取り切れない大きめのいぼに対して有効であるということ。切開と聞くと、痛いのではないか、また傷口が気になるという人が多いでしょう。しかし、美容整形外科には腕の良い医師がたくさんいるので、心配しなくても大丈夫です。綺麗に縫合し、切開時も麻酔をしてくれるので痛みを感じることはありません。また、慣れた手つきで行われるので時間も約15分では終わることでしょう。負担も最小限にしてくれます。また、切開の場合の気になる術後ですが、顔は2日ほどは濡らさず、肌に負担のかかることは避けましょう。特に抜糸をするまでは注意し、日焼けもしないようにすることです。縫合した箇所の赤みに関しては、しばらく残りますが、半年ほど経つと薄くなってくるのでだんだん見た目も自然な状態へと近づいてくるでしょう。このように、美容整形外科でのいぼ除去は、いろんな方法があります。そして、安心して任せられるというメリットがあります。また、治療について個人に合った方法を提案してくれて、無理のないよう気遣ってくれるのです。だから、今美容整形外科が多くあり、患者も多いのでしょう。昔は、治療内容にも限りがあり、費用も多くかかるものがほとんどでした。しかし、今は若い方から年配まで年齢層も幅広く、価格も安いためにちょっとした理由で受診することがほとんどなので、悩み続ける必要もないのです。ですから、もし今顔にいぼがある、しわがあって嫌だなどと悩みを抱えているならクリニックにて悩みを根元から取り除いてもらいましょう。これらの悩みのもとを取り除けば、若々しさが取り戻せて、表情も明るくなるので、やって損はないでしょう。

早期治療が大切

ウーマン

首周りやデコルテなど、皮膚が柔らかい部位に出来やすいいぼの治療は、皮膚科で液体窒素を利用した凝固法を受ける事が一般的です。しかし難治性いぼの治療には医療レーザーが効果的になります。

いぼをきれいに治療したい

婦人

いぼは、いろんな所に出来ますが、場合によっては目立つところに出来ることもあります。それでは気になってしまうので、美容整形や形成外科などで取り除いてもらいましょう。切除や高周波の電気を使った治療方法がありますよ。