専門クリニックでいぼ治療を受けよう【首周りに出来やすい】

女性

早期治療が大切

ウーマン

いぼ治療の特徴と効果

肌の老化が原因で首周りやデコルテなど皮膚が比較的柔らかい部位に出来やすいいぼの症状に悩んでいる女性は少なくありません。老化によるいぼはそのまま放置してしまっても健康上に問題はないので、気にしないという方はそのままにしているようです。しかし、いぼは体に深刻な影響を与えることはなくとも、放置すれば範囲が広がったり数が増えるようなものもあるので、気付いた時に除去しておくと安心です。いぼの治療方法は一般的に、皮膚科で切除治療を行うか、処方された飲み薬を利用するか、市販のいぼ治療クリームを購入してセルフケアを行うかの3つ方法があります。特に短期間でいぼ切除を行いたい方は一般皮膚科や美容皮膚科に相談をすることで、適切な治療を受けることが出来るようになります。市販のいぼを治療するクリームは数多く販売されており、ヨクイニンやハトムギなど肌のターンオーバーを整える美容成分が配合されているクリームを利用して優しくスキンケアを行えば、人によってはいぼがポロッと自然に取れるなど、効果を実感することが出来る場合もあります。ただ大きなタイプは取れるまで時間がかかったり、人によっては効果を実感できない場合も少なくありません。そのため短期間でいぼを治療するためにも皮膚科の医師に相談をすることが重要になります。一般的な治療法は液体窒素を利用して皮膚を壊死させ自然に除去させる凝固法を利用する方法です。この治療法は保険診療内で行うことが出来るので、いぼの数に合わせて何度かクリニックに通い施術を受ければ首周りやデコルテ周辺を綺麗にすることができます。ただ液体窒素を含ませた綿棒をイボに直接押し当てるので、軽い凍傷状態になり施術を受けた直後は痛みが続く恐れがあります。時間が経つとイボは黒く変色し固くなっていくので、施術を受けてから約2週間ほどで自然にポロッと除去される仕組みです。費用もリーズナブルですし、イボの数が多い場合も適切に処置を受けることができますが、綿棒を押し当てる際にイボ周辺の皮膚にもダメージを与えやすく、イボが綺麗に取れた後も周辺に傷跡ができたり、色素沈着が起こりやすいデメリットがあるので注意が必要です。また一度の施術で全てのイボが取り切れるわけではないので、何度も繰り返し皮膚科に通う必要が出て来る可能性も高く、時間をとってクリニックに通うのは面倒だと感じる方も少なくありません。そこで一度の施術で、イボを綺麗に切除したいという方におすすめなのが、美容皮膚科クリニックなどで受けることが出来る医療レーザーを利用した施術です。炭酸ガスレーザーと呼ばれる美容機器を利用し、イボなど水分を含む皮膚の固まりをピンポイントで照射することで、周りの皮膚を傷つける事なくイボだけ綺麗に蒸散させることができます。凝固法で施術を行っても、何度でも再発してしまう難治性のイボで悩んでいる方は、この炭酸ガスレーザーを利用した施術方法に切り返すことで、一度できれいな状態にすることが出来るので人気が高くなっています。ただレーザーを利用した施術方法は、保険診療外となり自費で施術を行うことが原則となるので、イボの症状や大きさ、数に合わせて適切な施術を行うことが重要です。